笑いと涙と失敗の連続!アメリカ生活10年まるごと体験記。ウェッジウッドコレクションも見てね。

日本からアメリカの銀行口座をクローズする方法 閉めたはずの口座が閉まっていなかったアメリカWACHOVIA BANKの話し






さて、、、昨日の続きのお話し。。。


閉めたはずの口座がしまっておらず、

さらに、送金を受け付けてしまった WACHOVIA BANK



私達がしなければいけないことは、、、



 受け付けられてしまったお金を、振り込んできた先方へ返金(送金)すること

(なぜなら、先方は、当初、私達が振込金を受領できなかったため、

日本の私たちの銀行へも振り込みをしたため、ダブル送金していることになっていた。)


 口座を、クローズすること



の、、、ふたつである。。。



しかし、私達は現在日本に住んでいるため、

直接窓口での交渉ができない。。

そのために、必要なもの



Notarization of signature on the request



何かというと、、、

私達が、アメリカ大使館 へ赴き、

この状況について説明し、

確かに、私達が、その人物であることを、

アメリカ大使館の方の面前で、宣誓し、サイン をする。

そのサインに、大使館の方のサインと印が押されているもの。

これが、Notarization of signature である。

これをもらうために、アメリカ大使館に予約を入れ、

行ってきた。。。




大使館に入る前のセキュリティーのチェックでは、

早速ひっかかり、、、

いえいえ、、、何も怪しいものなどもちろん持ってはおりませんでしたが、

おそらく、ジーンズの留め金かなんかのせいで、

ピーピー鳴り、、、

<失礼しま~す>

、、と、、検査。。。

はあ、、、まったく~。。。




予約はいれてあったが、大使館にも、、

Notarization of signature のための用紙や書式などが置いてあるわけではなく、、

どの書類を使ったらいいかなどで時間がかかり、、

まあ、、、最終的には、、、係りの方の前で、




 はい、、手をあげて、、宣誓してください。。。




 宣誓、、、ここに書かれていることに、、、

間違えはありません。。。




みたいなことをして、、、無事に、、、

Notarization of signature なるものをゲット。。。

これで、半日以上、つぶれた。。。




あとは、家で、書類の作成。。。




私は、WACHOVIA BANK から、直接、、

振り込んだ方へ、返金(送金)されることを

望んだのだが、、、

(だって、、、閉められたはずの口座に勝手に受け付けちゃったのは、、

銀行のせいでしょ~~。。)

それは無理で、、、

口座に入っているお金は、

第三者ではなく、私達の名前の口座にしか振込みはできない、、、

というので、仕方なく、

あの、例の、MITSUBISHI TOKYO UFJ の外貨預金口座 の情報を記入し、

(しかも、USドルでの送金しかできないため、

こういうとき、外貨預金口座が必要になってくるのよね。。)

それらすべてを、WACHOVIA BANK (WELLS FARGO BANK)へ、

返送した。。。




約1ヵ月後、無事に、ドルは、私の外貨預金口座に返金され、

それを、はじめに振り込んできた方へ、

私達が送金しなおすという、、、

おそろしい時間と手間がかかった。。。




ふう~~~~。。。。




まあ、、、これで、、、わかったことは、、、

この、Notarization of signature をゲットし、

そのほか、口座情報などの必要事項を記入して、郵送すれば、

オフィスの窓口に行かなくとも、

日本にいようとも、

アメリカの銀行口座のクローズは、できる、、、

ということだな。。。




何事も、、、経験です。。。





にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



2011-04-08 : 外貨 銀行 : Comments : 8 : Trackbacks : 0
Pagetop

口座を閉めたのになぜ受け付ける送金 アメリカ WACHOVIA 銀行




私とパパは、アメリカで、

二つの銀行口座を持っていた。。

そのひとつが、WACHOVIA BANK

今は、WELLS FARGO に名前が変わっているが、、、





日本へ本帰国が決まり、、、

銀行口座を、アメリカにそのまま残しておくか、

あるいは、口座を閉めるか、迷ったのだが、、

口座をそのまま残しておく場合、

残高が、2000ドルを切ると、

毎月25ドルほどの手数料 が引かれるしくみだと聞いたため、

口座をしめることにした。。。




本人が窓口にこなければ、口座を閉めることはできないと、

受付のおねえちゃんに言われたため、、

私と、パパの連名の口座であったため、

二人で銀行へ行き、口座を閉める手続きをした。

残金はすべて小切手にしてもらい、

その時点で残金はゼロになり、口座も閉まったはずだった。。。




それから、、数ヵ月後、、

ある方が、私たちの口座がまだ開いていると勘違いし、

すでに閉められた口座へ振込みをした。。。




普通だったら、その口座は、すでに閉められているわけだから、、

(もう、数ヶ月も前にね。)

振込みを受け付けられない、、、となるはずだが。。。

なぜか、WACHOVIA bank 振込みを受け付けた。。。




振込みをした方が、私達の口座に振込みをしたと、、

言ってきた。。

口座は、すでに、閉めたから、それはありえない、、、

と思ったので、

WACHOVIA bank に国際電話で、数回確認した。。

そのとき、customer center のお姉ちゃん は、

私たちの口座はすでに閉まっていて、オープンできないため、

情報を見ることができない、、、と言ってきた。。。

そして、口座は閉まっているから、入金は、あり得ない、、

、、と、、お姉ちゃんも言った。。。




しかし、振込みをした先方は、

 確かに、お金を私達に振り込んだ、と言い、、

 私達は、口座は閉まっていて、お金は受け取っていない、となり、、

 銀行は、口座は閉まっている、と言っている、、という

おかしな状況になり、、、




またまた国際電話。。。

本当に、私たちの口座はしまっているのか、、

わたしたちの口座の残金は、本当にゼロなのか、、





そして、、前回とは違う、、その、、お兄ちゃんの答え。。。




 Unfortunately,

Your account is not closed.





 はあ~~~~ 




閉められたはずの口座は、閉まっておらず、、、

振り込み金額が、入金されたらしい。。。




 閉められてなかったって、、、

どういうことですか??

オフィスまで行って、、きちんと手続きしたんですよ。。。

どうして、クローズした後の入金を、

受け付けるんですか?




 自分もどうしてかは、分からないけど、、、

Unfortunately, 口座には、その入金額が残っており、

それがなくならない限り、、、

口座を閉めることはできない、、、と兄ちゃん。。。




兄ちゃん、、、Unfortunately,

じゃあ、、、すまされませんよ。。。





 あの、、、私達ですね、、、

今、日本に住んでいるんですよ。。。

その、入金されてしまった金額を先方へ送金しなおして、

口座をクローズしてほしいんです。。。




 申し訳ございませんが、、、

ご本人様確認をしなくてはいけないので、

いくつかの書類を準備、作成していただくことになります。。

こちらから、書類をお送りいたしますので、

それに記入して、、、

返送してください。。。。




 (ええ~~~??

まじですか~~~。。。

すご~~く面倒なことになってきたんですけど。。。)





そして、必要な書類のひとつを準備するため、、、

私達は、アメリカ大使館 へ行かなければならなくなった。。。





。。。。。。つづく。。。。。。。






にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



2011-04-07 : 外貨 銀行 : Comments : 8 : Trackbacks : 0
Pagetop

外貨に強い日本の銀行はいったいどこじゃ~。。




以前にもお話したとおり、

私は、東京三菱 UFJ 銀行 に、

外貨普通預金口座 を持っている。




しかし、非常に不便なことが多いため、

他の外貨に強い銀行へ切り替えようかと考えている。




たとえば、私が、不便だと感じるのは、

手続きにかかる時間である。

まず、銀行自体の営業は、9時から3時までであるが、

外貨送金の手続きは、

10時以降でないとできない と言われる。

また、銀行さんの手続き操作上、

1時半ごろまでに受付をしないと

その日の決算処理に間に合わないとかいう理由で、

送金手続きを受け付けてくれない。。。

それは、、銀行の都合だろ~~。。。

非常に、不便。。。




さらに、受け付けてから、

送金手続きが完了するのに、毎回、

かなり待たされる。。

最低1時間~ひどいときには、数時間まで。。




そして、送金手数料は、高い。。。




そこで、解約する方法を聞いてみたのだが、、、

解約しても、

口座に残っている ドルの支払いが、

そこの支店ではできない
という。。。




USドルをたくさん持っている支店、、、

たとえば、空港 とか 都内の限られた支店 まで行かないと、、、

USドルが受け取れない。。。




確かに、そこの支店に

外貨の両替マシンがあるのだが、

いつ行っても、、、 張り紙がしてあって、、、




<只今、USドルへの両替はできません。。

いつ入荷になるかは、未定です。。。>





、、、となっていて、、、

円からドルへの両替に来た方々が、

困っている光景をよく見かける。。。




銀行のアカウントをクローズして、

自分の口座に入っているドルを受け取るのに、

わざわざ空港まで行かなければいけないなんてね。。。

おいおい。。。

大金じゃあるまいし。。。

庶民に支払うUSドルくらい、、、用意しておいてほしいです。。。




それならば、他の外貨に強い銀行で口座を作り、そこへそのまま

ドル送金をして、、、とも思ったのだが、、、

これも、、、高い送金手数料と時間がかかる。。。




まったく。。。。

えらいこっちゃ。。。




どうせなら、、、

このまま、もっと 円安 になるのを待って、、

円でゲットさせていただくわよ。。。





にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



2011-04-05 : 外貨 銀行 : Comments : 3 : Trackbacks : 0
Pagetop
HOME

Profile

Author:Panamacity Kei
★アメリカ駐在生活10年。現在は帰国し千葉県在住。    

★大好きなアメリカの記録、私がアメリカで集めたコレクション、現在の幼稚園での英語のお仕事、黒柴犬なつるんのお話などなど。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

クリック応援してくれた方々、
ありがとうございます。

現在多忙につきコメントお返ししておりません。
ご訪問してくださった方々、
ありがとうございます。
 

Category